ころじいの徒然草

楽しいことして、気楽に生きていこう

ゲーム

ゲームレビュー:ダンジョンメーカー

投稿日:2018年6月3日 更新日:

ダンジョンメーカー

5月18日にリリースされたスマホ向けゲーム、ダンジョンメーカー。

異例のヒット作となり、本稿を執筆している6月3日現在においても

AppStore有料ゲームランキングで1位をキープしています。

「時間が溶ける」と言われるその中毒性、ころじいも気になり購入。

評価点

  • 簡単操作でしっかりディフェンスゲーム
  • 試行錯誤の楽しみを味わえる戦略性
  • 適度なランダム要素による、毎ゲーム異なる緊張感

難点は操作性に多少難ありといったところでしょうか。

とはいえ、ストレスを感じるほどではないです。

本稿ではころじいがプレイした感想を交え、そのゲーム性について記述します。

 

ダンジョンメーカーの魅力にせまる

ゲームジャンルとしてはディフェンス系。

スマホ向けゲームでは比較的メジャーなジャンルでしょう。

例としては

・にゃんこ大戦争

・千年戦争アイギスA

・ディフェンスウィッチーズ(サービス終了)

が挙げられます。

迫りくる敵から拠点を守る!

ざっくり言っちゃうとそういうジャンルですね。

一番近いのはPCゲームの「巣作りドラゴン」だと思います。

同ゲームをスマホ向けに遊びやすく調整したような印象です。

巣作りドラゴンも非常に高い評価を受けているので、

ダンジョンメーカーにハマった人は一度プレイしてみるといいかもしれません。

 

ダンジョンメーカーのゲーム進行

ゲームの目的

まず魔王を選択します。

最初は2人のどちらかしか選べませんが、プレイしているとアンロックできます

この魔王を守るためにダンジョンを構築するのがプレイヤーの役目となります。

 

基本的な流れ

このゲームの流れですが、

カードを引く→戦闘やイベント→カードを引く→…

の繰り返しです。

上図であれば、宝箱を選べばアイテムが手に入ります。

一般戦闘はその名の通り、戦闘に移行します。

 

戦闘について

戦闘はシンプルですが奥深いものになっています。

画面上部、名前の右にあるピンク色のゲージがHP。

左下の宝石がMP(時間経過で回復)。

右下のアイコンが魔王の権能(攻撃や補助)を示しています。

画面をタップするとMPを消費して権能が発動します。

プレイヤーが戦闘中にできるのはそれだけです。

ただそのタイミングが重要です、何度もプレイして感覚をつかみましょう。

「え、じゃあタップして敵を倒すだけなの・・・?」

ところがぎっちょん、そういうわけじゃないんです!

このゲームのキモとなる部分は、

部屋を建設してモンスターを配置、罠で敵をハメて魔王を守ることにあります。

タップによる魔王の権能の発動はあくまでもその補助や緊急手段。

こんな具合にモンスターをたくさん配置できます!

上図は戦闘部屋しかありませんが、数々のユニークな罠もあります。

また戦闘部屋についても様々な効果があり、モンスターに有利に働きます。

そして敵を撃退すると魔王だけでなく、モンスターも部屋も強化されていきます

ではどうやって部屋を建設したりモンスターも入手できるのか。

 

戦闘報酬について

戦闘に勝利すると戦闘報酬が得られます。

この戦闘報酬をタップすると、ランダムで3つ選択肢が表示されます。

上図では罠と卵ですね。

他にも様々な報酬があります。

基本はこの戦闘報酬で部屋とモンスターを入手します。

 

様々な運命のカード

他にも運命のカードのイベントで入手できたりもします。

イベントカードについてはランダム性が非常に高いですが、

稀に強力な効果もありますので、うまく活用したいですね。

イベントの一例です。

どちらもメリット・デメリットがありますが、選択しなくてはなりません。

運命のカードには他にも様々な種類があります。

・精鋭部隊

→一般戦闘よりも敵が強いが、遺物が入手できる。

・ダンジョン

→回復したり強化できたり。

・商人

→ゴールドを消費して、戦闘報酬等と交換。

・ボス戦

→20の倍数の日に強制。

他にもありますし、たぶんアプデで追加されると思います。

 

おすすめモンスター

基本的に融合モンスターか、

☆の高いモンスターを起用すればいいです。

あとはスキルを継承して、

君だけのオリジナルモンスターでライバル(友達)に差をつけろ!(コロコロ)

またプレイしていて便利だなと思ったら追記していきます。

 

ダンジョンメーカーの今後、まとめ

本作品の制作はGameCoaster社です。

製作者インタビューによると、

やはり巣作りドラゴンの影響を受けているそうです。

ここまでゲーム性について記述してきましたが、

この内容で400円しないのは素晴らしいの一言に尽きます

今後も精力的にアップデートをするようですので、

興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか?

 

このゲームに興味がある人は以下のゲームもオススメかも。

・その大樹は魔界を喰らう!

VenusBlood

 

おすすめゲームTOP

-ゲーム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゲームレビュー:ぱちゅコン!

ぱちゅコン! 10年ほど前から人気を博している東方作品。 東方シリーズ自体の人気もさることながら、 2次創作が活発に行われ、様々な層に受け入れられたのは記憶に新しいところです。 そんな中でも抜群の安定 …

ゲームレビュー:CivilizationⅥ

CivilizationⅥ ころじいはゲームが大好きで、なんでもかんでもプレイしています。 もちろんSteamのライブラリにもいくつもゲームがずらり。 本作civ6は、そんな中でもころじいが一番プレイ …

ゲームレビュー:VA-11 Hall-A

VA-11 Hall-A ころじい「steamサマーセールかー、適当に面白そうなの買うべはー」 で、購入したゲームのひとつがこちら、”VA-11 Hall-A”。 サイバーパンクな世界観で繰り広げられ …

ゲームレビュー:V!勇者のくせになまいきだR

V!勇者のくせになまいきだR PSPで絶大な人気を博した”勇なま”が、VRになって帰ってきた! ころじいがプレイしてきたVRゲームの中で、最も熱中したといっても過言ではありません。 評価点 VRである …

ゲームレビュー:Undertale

Undertale 「誰も死ななくていいやさしいRPG」 本作のキャッチコピーです。 プレイヤーを道中の雑魚敵はもちろん、ボス相手でも戦う必要はありませんし、倒してしまってもかまいません。 あなたのそ …

プロフィール

 

連絡先:cology562@gmail.com

twitter:@cology562

妹弟のV活動を見守ることになりました。

手探りの中、頑張る彼女たちを見守っていただければ幸いです。

Scroll Up